祖父が倒れてから1年が経ちました。
全く進捗が無く、ある意味安定しています。

聞こえているのかどうかも分からないですが、きっと聞こえているだろうと思いながら話しかけ続けています。

1年間寝続けるってすごい体力だと思いました。それ故に倒れさえしなければどれだけ元気だったのだろうかと悔しささえ思うときがあります。

こうなりゃ、とことん付き合おうと思っている今日この頃です。


チャオ〜