○刊!Fumiltonの日常

Fumiltonとしてのカート活動を中心にエントリーします。実名での活動はFacebookで。

2012 平塚ダンロップ杯第4戦結果

おはようございます!

昨日は、F.ドリーム平塚のダンロップ杯に参加して来ました。

結果は、
予選:2位
決勝:4位

くぅー、予選から順位を落としたのは悔しいですが、全体的に楽しいレースだったので、ダークサイドに落ちることなく最終戦を迎えられそうです

ポイントランキング表を写すのを忘れちゃったので記憶で書きますが、

4位:Birel High School 23pt
5位:マモルDX 19pt
6位:ニコニコAMD 14pt

だったと思います。(間違っていたらご指摘下さい。)


今から、マモルさんとのバトルが楽しみです。
来月の今頃がどうなっているのか、注意深く見てみよう


チャオ〜

大井松田でテスト!

お久しぶりです。
久々にReeBALネタを書きます。

というか、ブログ自体が久々ですね。

今日は、大井松田カートランドにてReeBAL号のテストをしています。

普段なかなか出来ないセオリー以外のセットを施しての挙動の勉強をすることが目的です。

楽しい一日になりそうです!!

画像1


チャオ〜

遅報。。2012 平塚ダンロップ杯第3戦

おはようございます。
昨日は、レース直後に携帯の電波が送受信しづらくなってしまったために、監督にすら結果報告ができなかったのでこのエントリーで代えさせていただきます。
まさか、都合が悪くて逃避したとか、監督のブログに「D杯の結果は、フミのブログで」とタイトルに書いていたので渋々エントリーしている訳では御座いませんので悪しからず。

さて、昨日のコースは、昨年のこのコースとほぼ同等でした。
このコースは、もんのすごく苦手でして、昨年はレース開始後115分間は、体重30キログラム差もあるクマ監督と同等のタイム しか出せず、練習走行もビリっけつで、冗談の一つも言えずに一日を終えたと記憶しております。

しか〜〜し!2年目となる昨日は、練習走行はビリではなく下から4番目だったのでちっとは成長したのかと勝手に言い聞かせてレースに臨んだ次第です。

■予選
アタッカーは、ヤマコネンさん。
見事にポールです!!
今回は諸事情で関東2位が欠場でしたので、参加メンバー中最高位の関東4位がポールを取る事は必然(冗談です)の中、よくマツケラ様を100分の何秒差で抑えて前にでれたもんだとチーム員で盛り上がりました。 
今回の予選は、ヤマコネンさんとマツケラ様で盛り上げたといっても過言では無いと思います。


■決勝
(ヤマコネン→フミルトン→トゥルーリ→ヤマコネン→フミルトン→ヤマコネン)
スタートしてからのフォーメーションは、ヤマコネン/マツケラ/コーウェン/鈴マッハの順番でしばらくバトルが続きます。中でもマツケラ/コーウェンのバトルは会場を盛り上げました。
何が凄いのかというと、ブロックラインを通っても前にいるヤマコネンとほぼ同じのタイムで走っていたことです。敵ながらあっぱれというしかなかったです。
そんな中、じわりじわりと4秒のマージンを築いたところは、ヤマコネンさんので〜う〜なのでしょう。

そして、栄えあるチェッカーです!!!



続きを読む

赤牛小車闘 in 巨大WEB 準決勝敗退。

みなさん
おはようございます。

昨日は、お台場のカートイベントに参加してきました。
想像以上のものすごい盛り上がりで、会場にいるだけでも楽しめちゃうそんなイベントでした。

結果は、
予選アタックは、全体の7番手。
準決勝は、B組4番手(全5組)となりました。

決勝まで残れなかったのは残念でしたが、我らがヤマコネンさんがジャパンファイナルに進んでくれたのがとても嬉しく、そんな人と一緒にシーズンを戦っていることに喜びと誇りをおぼえた大会となりました。
ジャパンファイナルに進まれたみなさん、おめでとうございます!!

今回、コース内外から感じた事は、平塚勢の「実力と結束」です。

クマ監督の無敵美声を筆頭にF鳥タッキーのスマイル、モッチーさんの的確なジェスチャー、その他みなさまのノリの良さ。
レース中何度助けられたことか!!

次回開催があるとしたら、今回見送ったみなさまも是非参加してみてはいかがでしょうか?
とても楽しめると思います。

さぁ〜、今度の日曜日はD杯です。
残暑に負けずに頑張るぞ〜〜〜


チャオ〜

祝!AS杯GT1E第3戦総合優勝☆

みなさま、お久しぶりです。
前回のD杯から地下に潜り、虎視眈々と金メダルを目指してトレーニングに励んできました。

今回のエントリーは、ストーリ的なものではなく、事実を淡々と記載し練習走行の重要さを説いて行ければと考えております。(ニヤリ)

■マシン
RBC2012 specB 椅子豆エディション
RBC2012specB


■練習走行
若干、ピンハネ?された疑惑のある練習走行時間ではありましたが、セッティングをいじりながら順調に経過していきました。
ただ、、小生はレースセットに変更してからは時間の都合上インラップのみの走行となり、これが後々の言い訳 冷静な分析に繋がることになります。


今回の作戦のテーマは、「ヒカラビナイこと」。
なのでこまめに水分を取り、スティントもロングスティントを避けるような戦略にしました。
・第1ヒート(120分)
フミ→ネコ→ミチ→千→クマ
・第2ヒート(120分)
クマ→ネコ→ミチ→フミ
ってな感じです。

そうです。今回の第2ヒートのスタートは、公式戦では1年に1回あるか無いかのクマ監督が志願(チームメイトから半ば強引に仕向けられた?)し担当したのでした。
とてもレアな光景に盛り上がったことは云うまでもありません。

全員、前戦よりもベストラップを更新しレースを終えます。

そして、結果です。
写真 3

見事に優勝です。
しかも、上位クラスの皆様の前でフィニッシュ。
これでコーヒーの名前に似ている某チーム様に挑戦権ができたとかなんとか。

それでは、最後にドライでの3コーナーのスピンについての冷静な分析結果を報告いたします。

続きを読む
2013年AUTOSPORT杯東日本シリーズGT1チャレンジクラス(ReeBAL Cafe)
第1戦 - 4月28日(日)
第2戦 - 6月16日(日)
第3戦 - 7月21日(日)
第4戦 - 8月25日(日)
第5戦 - 11月17日(日)
TUBUYAKI
Archives
  • ライブドアブログ